本来の身体へ還る

恒常性維持機能=​ホメオスタシス

たとえば、

体温を上げる努力、下げる努力をしなくとも、
平熱でいられるのは、人間がもともと持っている

恒常性維持機能(ホメオスタシス)
はたらきがあるからです。

この機能が崩れてしまうと、

血圧が上がったり、低かったり・・
心拍が高かったりと、

体調不和が起きやすくなります。

この人間が本来持つ恒常性維持機能が  

植物を育てたり、目にしたり、

人が植物と触れることにより、
 機能自体が正常になり、

内分泌系神経系の働きが活性化し
免疫力が高まります。

 

そうすると、、

血圧が高い人、低い人が
ちょうど良い値に戻ったり・・と、

 

身体の調子が整い、健やかな身体を

取り戻すことができます。

CONTACT

植彩工房 Shokusai Kobo 

〒132-0024 東京都江戸川区一之江6-9-37

Mail home@shokusai-kobo.com 

© 2019 ShokusaiKobo で作成されたホームページです。